神田川に架かる140の橋 あづま橋

神田川写真集。東京・神田川に架かる井の頭池から隅田川(大川)までの神田川140の橋。
神田川の探索を通して、神田川歴史や江戸歴史をご紹介いたします。

スポンサードリンク

021-あづま橋(あづまばし)

撮影 03/24 13:08   -BACK-   -NEXT-

神田川に架かる140の橋の21番目はあづま橋です。

あづま橋の外観
あづま橋の外観。
撮影後気づいたのですが、橋下の川べりに鳥(鳩?)が10数羽いますよ。
画像を拡大してしてみてご覧下さい。


あづま橋は高井戸駅前にある橋です。

あづま橋は「あづま」であって「あずま」ではありません。つまり、「あずま」だとすると「東」ですが、「あづま」ですから「吾妻」なんでか?

もっともこの「あずま」と「あづま」は昔は混用されていたらしいです。

ところで、「江戸」という地名が最初に書物に登場するのが鎌倉時代に書かれた「吾妻鏡(あづまかがみ)」です。

ちなみに「江戸」の名前は、川が海に流れこむ場所ということから来たという説もあれば、関東平氏の一門である江戸氏(えどし)に由来するという説もあります。

あづま橋の親柱
あづま橋の親柱。
名札だけが交換されたような痕跡があります。


「吾妻鏡」は鎌倉時代を研究する上での基本史料で、大学入試問題でも何度も引用される有名な書物で、別名を「東鑑」とも言います。「鑑」は「かがみ」という訓を当てることがあるから、「吾妻(あづま)」が「東(あずま)」と書かれて別名となったのしょう。

この橋につけられた「あづま」はどちらの意味なのでしょうか?

「高井戸(たかいど)」は「高い堂」という言葉に由来するとも言われます。

「高い堂」とは、「高井山本覚院(たかいさんほんかくいん)」という寺が明治初期に廃寺となったのに伴って、近くの「叡昌山宗源寺(えいしょうざんそうげんじ)」境内に移転した「不動堂(ふどうどう)」のことであるといわれています。

もっとも、現在建物が色々建てられ、このお堂も余り目立たなくなっていますが・・・・。

現在は杉並清掃工場の排気塔がここ「あづま橋」から見え、さしずめ現在の「高い堂」となっています(笑)

吾妻鏡

鎌倉時代に書かれた歴史書で、鎌倉幕府の家臣が編纂した、52巻(巻45欠)の書き物。治承4年(1180)源頼政の挙兵から、文永3年(1266)までの87年間を変体漢文の日記体で書かれています。

スポンサードリンク

-BACK-   -NEXT-