神田川に架かる140の橋 亀齢橋

神田川写真集。東京・神田川に架かる井の頭池から隅田川(大川)までの神田川140の橋。
神田川の探索を通して、神田川歴史や江戸歴史をご紹介いたします。

スポンサードリンク

091-亀齢橋(きれいばし)

撮影 03/31 13:34   -BACK-   -NEXT-

神田川に架かる140の橋の91番目は亀齢橋です。

亀齢橋の外観
亀齢橋の外観
さくらが満開。
さくらの隙間からやっと撮影できました
ほとんど判りませんね(^^;


亀齢橋は上流の089-大東橋から下流の092-小滝橋にかけては「神田上水公園」となっており、桜並木が際立って美しい桜の名所である。

JR総武線の東中野駅の新宿寄りの改札を出て、すぐの場所にあり附近住民だけが楽しむ桜の名所である。

毎年3月の末か4月の頭にかけてがこの界隈の桜の満開の時期である。

この界隈の桜はソメイヨシノが中心であるが、川沿いの桜並木は枝を神田川の上に伸ばし、散歩がてら桜を見物するのも一興ではあるが、附近住民は桜の時期になるとこの公園のベンチや、公園散策路に沿って点在する岩の上に陣取って、お酒を交えて本格的なお花見を楽しんでいる。

「神田上水公園」の注意書きを見ると、普段はそんなことは許されない場所のようではあるが、一人二人ではない。

神田上水公園一帯が、上野公園に負けないお花見の名所になっているのだ。

「亀は万年、鶴は千年」にあやかってつけられたと思われる縁起のいい名前の橋の近くでお花見を楽しんでみられてはいかがだろうか?

遊歩道のプレートには「亀」のイラストがあり、橋の名前にちなんだものだろうか?

お江戸の桜の楽しみ方の中で、現在の北区の飛鳥山はドンちゃん騒ぎ、隅田川沿いの「隅田川堤」の桜、別名「墨堤の桜(ぼくていのさくら)」は散歩をしながらの見物が一般的だったというが、ここ亀齢橋の桜は散歩しながらの見物も、ドンちゃん騒ぎもどちらも似合いそうな場所である。

亀齢橋の親柱
亀齢橋の親柱


スポンサードリンク

-BACK-   -NEXT-